gasekao.com
2020-11-01

最近のDBクライアント事情[2020/11 現在]

以前書いた利用しているDBクライアントについての記事の閲覧数が高かったので、最近の利用について再度更新します。以前の記事は掘り出せばありますけど、面倒くさいので残ってません。

前回も記述していたと思いますが、現在(2020/11 mac OS Catalina)はTablePlusのライセンス版を利用しています。

TablePlus(ライセンス版)

以前までは SequelProのTestBuild版 を利用していました。
わざわざTestBuild版にしていたのは、CSVのインポート時だったかエクスポート時だったかにアプリケーションが落ちるのが理由だったと思います。TestBuild版でも特に不自由なく、私の利用範囲では困ったこともなかったのでしばらくはこちらを利用していました。

一つ使いにくい点(?)として、プロジェクトによってMySQL、PostgreSQL、MongoDBの利用があったのでMySQLプロジェクトの開発中にPostgreSQLプロジェクトのデータチェックなどが入ってくると、PG commander を開いてアプリケーションの芋洗い状態になることでした。滅多に起きないですが、アプリケーションまとめたい質なのでそれなりのフラストレーション。

さらにはこちらのTestBuild版、SequelProのパンケーキアイコンが冷え切った様子でソースがかかっていないんです。

使用上になんの問題もないんですが、個人的には結構不満ポイントでした(業務ツールでも可愛くないものは可能な限り使いたくない)。

そこでTablePlusへの乗り換え。

最初は半年ほどフリープランで使用したところ、使用感やデザイン等大変気に入り、確かフリープランだとタブが2つまでしか開けないなどで不便だったため、$99 の2ライセンス分購入しました。

TablePlusでは、MySQL、amazonREDSHIFT、SQLServer、SQLite、redis、mongoDBなどなど様々なRDB/NoSQLを触ることができるため、プロジェクトごとにアプリケーション乱立問題を解消することができます。もちろんタブでの管理や、ウィンドウを増やすこともできますので比較なんかも楽です。

さらにTablePlusのいいところは、GUIで追加・変更・削除を行った際には一時保存扱いとなり「Ctrl + S」でDBの書き換えになるところです。SequelProですと書き換えた時点で変更が確定されていたので、対象のカラムを間違え、以前の値を記憶していない場合などヒューマンエラーが起こりがちでした。そもそもそんな運用方法をするなという話ではありますが、その件については今回は無視します。

カラムに変更を欠けた時に図

エントリーを削除した際

上の画像は、いずれも保存前の変更をかけた時点です。変更箇所は黄色でハイライトされ、削除箇所は赤でハイライトされます。変更(内容変更ないし削除)が行われているテーブル名も黄色でハイライトされます。

また、削除の際は、エントリーにフォーカスした状態で「deleteキー」押下で一時削除になるので直感的な作業も可能です。ただしこちらについては、エントリーが本当に簡単に消せてしまう、ましてやテーブルも同じ作業で削除できてしまうので、テーブル選択時に「deleteキー」押下、気づかずに保存なんてことをした暁には、割と取り返しのつかないことになります。

その他にもGUI・クエリどちらも作業履歴が残されており、クエリ補間機能、シンタックスハイライト、クエリの保存や、記述してクエリに対してのBeautify、データベースのグルーピング、「prodaction/staging/test/develop/local」でのラベル付など…
運用においても開発においても、非常に使いやすいです。この辺はまあSequelProにもあったりしたかと思いますが。

あとは単純にインターフェースがわかりやすくて可愛いですね。エントリー内容の確認や変更は、パネルでも行うことができます。

わかりやすさは慣れの問題もあると思いますが、やりたいことは一通り直感的に行うことができますし、ダークモード対応もされています。

この辺りはまだ試していませんがプラグインの追加もできるようなので、もっと使いこなす術はあるようです。

SequeProと比べた際に少し不便な点

CSVでのインポート時にカラム名をLIKE判定してくれないところでしょうか。SequelProであれば「user_id」という絡む名に対し「userID」を自動で選択してくれてたんですが、この辺りは少し堅いようです。SequelProが優秀すぎたのかもしれません。
なんか他にもあったかもしれませんが、出てこないの一旦これだけです。

記事としては接続方法などのhowtoもあった方が良いんでしょうが、面倒ですし利用感飲みに留めたいのでこれで終わりにします。

紹介したいツール事情で言うと、FTP/SFTPクライアントをYummy(開発者がお亡くなりになり、Catalinaから利用できなくなっています)からForkLift3に乗り換えているんですが、
こちらは BinaryNights のセールをまったライセンス版に切り替えたいので、その後に書こうと思います。



BACK TO TOP